ウェイトトレーニングで脂肪燃焼

ウェイトトレーニングで脂肪燃焼についての解説

ウェイトトレーニングで効果的に脂肪燃焼する方法の紹介。ウェイトトレーニングなら脂肪燃焼の他にもいろいろな効果が期待できます。無理せず楽しくトレーニングしましょう。

ウェイトトレーニングの脂肪燃焼方法を正しく理解して美容・健康・ダイエットに役立てましょう

 脂肪燃焼ガイドTop > ウェイトトレーニングで脂肪燃焼
ウェイトトレーニングで脂肪燃焼

ウェイトトレーニングは、バーベルやダンベルで負荷をかけながら筋肉の機能を高めようとするもので、基礎体力の向上にも大変効果があります。以前は男性が筋肉モリモリの体を作るためのトレーニング法といった印象がありましたが、近頃では、その真価が正しく評価されるようになってきました。


ウェイトトレーニングの効果
1.筋肉が増え、脂肪燃焼の能力が増す
2.筋力、筋持久力が増大する
3.筋グリコーゲンが増す
4.筋や関節の運動柔軟性が増す

女性の場合は、ウェイトトレーニングしても、男性のように簡単に筋肉が盛り上がるようなことはありません。
ウェイトトレーニングのジムには各種のトレーニングマシーン、バーベル、ダンベル、アレイなどが備えられていますが、必ずしもそのような器具を使う必要はなく、身の回りにある物で代用したり、自分の体重を利用したりすれば、どこでもトレーニングは可能です。

トレーニング効果を最大限確実なものにするためのいくつかの原則に従いながら、週2〜4日の頻度でトレーニングするといいでしょう。
1.筋肉に最大またはそれに近い負荷をかける
2.トレーニングを重ねるに従って負荷を増す
3.小さな筋群の運動を先に、次に大きな筋群を動かすようなトレーニング内容に
4.トレーニング中は意識的に胸を広げるように大きく呼吸する
5.一番力を出すときに息を吐く


軽い負荷で回数を多く、何種類かの運動を組み合わせて循環して行えば、減量効果のある有酸素運動にもなります。


自宅でウェイトトレーニング
■仰向けに寝て、百科事典、箱入り缶詰せっとなど重いものを持って、胸元で上げたり下げたりする。胸・腕・肩の筋力強化に効果があり、上半身をパワーアップ。
■子供をおんぶしたり、重いリュックを背負う。肩幅くらいに足を開き、大きく息を吸いながらしゃがみ、息を吐きながら元に戻る。
5〜10kgの重さの袋を足にかけ、机など袋が床につかない高さのものに腰をかける。足を振り上げた状態で1〜2秒静止してからゆっくり元にもどす。
■何冊かまとめてゆわえた辞典類、水を入れたバケツなど適当な重さのものを立ったまま持って起き上がる。そのとき背筋を伸ばし、ひじを張って行うと背筋の上部が脇をしめることと背筋の下部が引き締まる。





脂肪について
体脂肪とは
脂肪率について
肥満度チェック
体脂肪の平均
年齢別の体脂肪率の平均

脂肪が増える原因
脂肪がつく原因
基礎代謝が少ないと太りやすい
体脂肪が減らない理由
女性につきやすい脂肪の原因・対策
太る原因 ビタミン・ミネラル不足

脂肪を減らす対策
脂肪を減らす食事
食事の時間
間食でダイエット
食べ過ぎることの防止法
体脂肪燃焼ですること・心構え
運動のタイミング
脂肪を落とす運動
体脂肪を減らすスポーツ
ウォーキングで脂肪燃焼
ジョギングで脂肪燃焼
水泳で脂肪燃焼
サイクリングで脂肪燃焼
エアロビクスで脂肪燃焼
ウェイトトレーニングで脂肪燃焼
脂肪燃焼スープの作り方・効果・口コミ
脂肪燃焼率を上げる
脂肪の分解を促進するために
理想の体型
脂肪燃焼方法一覧

皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪
皮下脂肪とは
内臓脂肪とは
中性脂肪とは
内臓脂肪を減らす
コレステロールと中性脂肪の違い
中性脂肪を減らす方法

摂取する脂肪について
脂肪とは
脂質のカロリー
高脂肪の食品
低脂肪の食品
牛乳の脂肪量・カロリー
油の脂肪量・カロリー
肉の脂肪量・カロリー
魚の脂肪量・カロリー


Copyright (C) 脂肪燃焼ガイド All Rights Reserved