サイクリングで脂肪燃焼

サイクリングで脂肪燃焼についての解説

サイクリングで効果的に脂肪燃焼する方法の紹介。サイクリングは比較的、関節に負担をかけず、肥満度の高い人にも無理なく脂肪燃焼することができます。またエアロバイクでも同様の効果を得ることができます。

サイクリングの脂肪燃焼方法を正しく理解して美容・健康・ダイエットに役立てましょう

 脂肪燃焼ガイドTop > サイクリングで脂肪燃焼
サイクリングで脂肪燃焼

サイクリングは、酸素をとりながらできる有酸素運動で、心臓への負担が少なく、肥満の人でも無理なくできる脂肪燃焼の効率が高く、比較的、腰やひざに負担をかけずにできるおすすめの運動です。

また負担が少なく足を伸ばしたり曲げたリするので、さまざまな腰痛改善にも効果があるようです。
ただし無理をすると逆効果になるおそれがありますので少しずつ様子をみながら行うことが大切です。

平坦な道であれば、長時間楽しめるので、脂肪を燃焼するには最適な運動です!


サイクリングで効果的に脂肪燃焼
やや強いくらいの感覚でペダルをこぐと最も効果があります。
自転車は自分の体型に合っていれば、どんな種類でもよいでしょう。
サドルが低いと膝が十分に伸びなかったり、体重がお尻にかかり過ぎてしまうということがあります。
かかとをペダルに掛けて踏み切ったとき、足がまっすぐ伸びる状態になるようサドルの高さを調整しましょう。


効果的に脂肪を燃焼する運動のポイント
1.運動量の目安
1日に最低200カロリー、できれは300カロリーは消費しましょう。
時速15kmの速度でサイクリングすれば、30分程度で200カロリー消費することになります。
2.運動時間
最低30分続けること。体力のある人は軽い運動を1時間ぐらい行うとよいでしょう。
3.運動の強さ
自分の最大能力の60%ぐらいの力で運動します。楽ではないけれどもそんなにきつくもない程度。
4.トレーニングの回数
できれば毎日行うことが理想です。最低限週に2〜3回はトレーニングしましょう。





脂肪について
体脂肪とは
脂肪率について
肥満度チェック
体脂肪の平均
年齢別の体脂肪率の平均

脂肪が増える原因
脂肪がつく原因
基礎代謝が少ないと太りやすい
体脂肪が減らない理由
女性につきやすい脂肪の原因・対策
太る原因 ビタミン・ミネラル不足

脂肪を減らす対策
脂肪を減らす食事
食事の時間
間食でダイエット
食べ過ぎることの防止法
体脂肪燃焼ですること・心構え
運動のタイミング
脂肪を落とす運動
体脂肪を減らすスポーツ
ウォーキングで脂肪燃焼
ジョギングで脂肪燃焼
水泳で脂肪燃焼
サイクリングで脂肪燃焼
エアロビクスで脂肪燃焼
ウェイトトレーニングで脂肪燃焼
脂肪燃焼スープの作り方・効果・口コミ
脂肪燃焼率を上げる
脂肪の分解を促進するために
理想の体型
脂肪燃焼方法一覧

皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪
皮下脂肪とは
内臓脂肪とは
中性脂肪とは
内臓脂肪を減らす
コレステロールと中性脂肪の違い
中性脂肪を減らす方法

摂取する脂肪について
脂肪とは
脂質のカロリー
高脂肪の食品
低脂肪の食品
牛乳の脂肪量・カロリー
油の脂肪量・カロリー
肉の脂肪量・カロリー
魚の脂肪量・カロリー


Copyright (C) 脂肪燃焼ガイド All Rights Reserved