ウォーキングで脂肪燃焼

ウォーキングで脂肪燃焼についての解説

ウォーキングで効果的に脂肪燃焼する方法の紹介。ウォーキングは肥満度の高い人、運動に慣れていない人に最適です。より効果的に脂肪燃焼するために正しいウォーキング方法を身につつけましょう。

ウォーキングで脂肪燃焼。正しく理解して美容・健康・ダイエットに役立てましょう

 脂肪燃焼ガイドTop > ウォーキングで脂肪燃焼
ウォーキングで脂肪燃焼

ウォーキングがまず基本
気持ちを少し変えて、駅と家を自転車で往復していた人は歩きに変える、バス停ひとつ分はよけいに歩くことにする、ハイヒールをはいていた人は中ヒールに、または思い切ってスポーティなウォーキングシューズにする、歩道橋や駅・デパートの階段の昇り降りもなどもたるんだ筋肉をひきしめ、脂肪燃焼のひとつです。
せっかくのチャンスを活かしましょう。

歩き方は、背筋をのばしておなかに力を入れ、少し大股っで。何よりもさっそうと歩くことが大切です。

毎日歩く目標は1万歩です(最初は5000歩ぐらいから)。万歩計は必需品です。

シャキッと歩くだけのことでも、脚の筋肉が強くなり、たるんでいたおなかが序々にひきしまり、循環器系の働きがよくなるという変化が現れてきます。普通に歩くのと速く歩くのでは、エネルギー消費量に差がでてきます。


効果的に脂肪を燃焼する運動のポイント
1.運動量の目安
1日に最低200カロリー、できれは300カロリーは消費しましょう。
1分間に100mの速度でウォーキングすれば、30〜40分で200カロリー消費することになります。
2.運動時間
最低30分続けること。体力のある人は軽い運動を1時間ぐらい行うとよいでしょう。
3.運動の強さ
自分の最大能力の60%ぐらいの力で運動します。楽ではないけれどもそんなにきつくもない程度。
4.トレーニングの回数
できれば毎日行うことが理想です。最低限週に2〜3回はトレーニングしましょう。





脂肪について
体脂肪とは
脂肪率について
肥満度チェック
体脂肪の平均
年齢別の体脂肪率の平均

脂肪が増える原因
脂肪がつく原因
基礎代謝が少ないと太りやすい
体脂肪が減らない理由
女性につきやすい脂肪の原因・対策
太る原因 ビタミン・ミネラル不足

脂肪を減らす対策
脂肪を減らす食事
食事の時間
間食でダイエット
食べ過ぎることの防止法
体脂肪燃焼ですること・心構え
運動のタイミング
脂肪を落とす運動
体脂肪を減らすスポーツ
ウォーキングで脂肪燃焼
ジョギングで脂肪燃焼
水泳で脂肪燃焼
サイクリングで脂肪燃焼
エアロビクスで脂肪燃焼
ウェイトトレーニングで脂肪燃焼
脂肪燃焼スープの作り方・効果・口コミ
脂肪燃焼率を上げる
脂肪の分解を促進するために
理想の体型
脂肪燃焼方法一覧

皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪
皮下脂肪とは
内臓脂肪とは
中性脂肪とは
内臓脂肪を減らす
コレステロールと中性脂肪の違い
中性脂肪を減らす方法

摂取する脂肪について
脂肪とは
脂質のカロリー
高脂肪の食品
低脂肪の食品
牛乳の脂肪量・カロリー
油の脂肪量・カロリー
肉の脂肪量・カロリー
魚の脂肪量・カロリー


Copyright (C) 脂肪燃焼ガイド All Rights Reserved