体脂肪を減らすスポーツ

体脂肪を減らすスポーツについての解説

体脂肪を減らすスポーツの紹介。あなたに合った長く楽しみながら続けることができる体脂肪を減らすスポーツを見つけましょう。

体脂肪を減らすスポーツを正しく理解して美容・健康・ダイエットに役立てましょう

 脂肪燃焼ガイドTop > 体脂肪を減らすスポーツ
体脂肪を減らすスポーツ

一般的な体脂肪を減らすスポーツの概要を紹介しています。自分に合いそうなスポーツがあれば、詳細をご覧ください。


歩く
体重が多いと長く立っていたり、長い距離を歩くことに対してはなかなか気がすすまないかもしれませんが、体力があって太っている人は、積極的に時間を作って歩くことです。普通に歩くのと速く歩くのでは、エネルギー消費量に差がでてきます。
ウォーキングで脂肪燃焼

ランニング
個人の体力にあった方法で走ることが可能です。特別な場所や経費もかからず服装も簡単です。スピードや距離で運動をコントロールでき、男女、年齢、季節に関係なく各人の都合に合わせて好きな方法で実行することができます。
ジョギングで脂肪燃焼

水泳
体重が多い、脚や腰の弱い人は水泳で少しずつ体力をつけ、計画を立てて体脂肪を減らしましょう。短期間に急激な減量をすることは体に決してよくありません。2年、3年と気を長くして挑戦しましょう。
水泳は体重の多い人には特におすすめです。水中では浮力がつくため、関節などに負担をかけずに動けます。脚の関節などの弱い人にも、総合体力をつける意味で効果があります。
水泳で脂肪燃焼

サイクリング
自転車は平らな道でゆっくり乗っていたのではたいした運動量になりませんから、多少登り道などのあるコースを最低15分から20分くらいは乗るようにして下さい。自転車は、どのような条件で走るかによってエネルギー消費量がずいぶん違いますから、コースをよく検討しましょう。
サイクリングで脂肪燃焼

エアロビック・ダンス
運動量も曲のリズムによってずいぶん違います。エアロビック・ダンスはたいていの場合、同じくらいのレベルの人が一緒になってやりますから、もし自分の力に合わないとおもったら無理せず下のクラスに移りましょう。
脈拍数にも注意して、オーバー・ペースにならないように行います。20分から30分は続けられるようなものを選びましょう。

エアロビック・ダンスは思いっきり動作を大きくして運動した場合と、ほどほどにして運動を行った場合では運動の効率が大きく違ってきます。長時間続けて減量するのが目的の時と、シェイプアップが目的の時とでは、体の動かし具合を変えてみても良いでしょう。

長時間続けたいときは動きをやや小さめにします。シェイプアップが目的の時は思いっきり大きい動きをしたり、少々重いものを手に持ったり、脚につけたりして、体への負荷を大きくしましょう。エアロビック・ダンスは、ちょっと工夫をすることでさまざまに違った効果がでてきます。体力や目的に応じた方法をとれば、老若男女がせまい場所でも楽しく運動を行うことが可能です。
エアロビクスで脂肪燃焼

その他の体脂肪を減らすスポーツ
テニス・ハイキングなどは楽しみながら運動できます。ステッパーやエアロバイクなどは室内で気軽に運動できます。




脂肪について
体脂肪とは
脂肪率について
肥満度チェック
体脂肪の平均
年齢別の体脂肪率の平均

脂肪が増える原因
脂肪がつく原因
基礎代謝が少ないと太りやすい
体脂肪が減らない理由
女性につきやすい脂肪の原因・対策
太る原因 ビタミン・ミネラル不足

脂肪を減らす対策
脂肪を減らす食事
食事の時間
間食でダイエット
食べ過ぎることの防止法
体脂肪燃焼ですること・心構え
運動のタイミング
脂肪を落とす運動
体脂肪を減らすスポーツ
ウォーキングで脂肪燃焼
ジョギングで脂肪燃焼
水泳で脂肪燃焼
サイクリングで脂肪燃焼
エアロビクスで脂肪燃焼
ウェイトトレーニングで脂肪燃焼
脂肪燃焼スープの作り方・効果・口コミ
脂肪燃焼率を上げる
脂肪の分解を促進するために
理想の体型
脂肪燃焼方法一覧

皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪
皮下脂肪とは
内臓脂肪とは
中性脂肪とは
内臓脂肪を減らす
コレステロールと中性脂肪の違い
中性脂肪を減らす方法

摂取する脂肪について
脂肪とは
脂質のカロリー
高脂肪の食品
低脂肪の食品
牛乳の脂肪量・カロリー
油の脂肪量・カロリー
肉の脂肪量・カロリー
魚の脂肪量・カロリー


Copyright (C) 脂肪燃焼ガイド All Rights Reserved