脂肪を落とす運動

脂肪を落とす運動についての解説

脂肪を落とす運動の方法を紹介。なかなか落ちにくい脂肪落とすためには適切な運動をする必要があります。効果的な有酸素運動を継続的にできる方法を分かりやすく紹介しています。

脂肪を落とす運動を正しく理解して美容・健康・ダイエットに役立てましょう

 脂肪燃焼ガイドTop > 脂肪を落とす運動
脂肪を落とす運動

脂肪を落とす有酸素運動
有酸素運動は酸素を多く取り入れる運動。
有酸素運動とは、心拍数がちょっと増え、息づかいが少し激しくなるようなものでジョギング、ランニング、水泳などで、いずれも一定時間続行しないと有酸素運動としての効果は現れてきません。


なぜ有酸素運動は脂肪を落とすのか?
私たちの体のあらゆる活動を支えるエネルギーの原料は糖や脂肪です。
この脂肪が原料として使われる場合には、必ず酸素が必要となります。
運動開始時は筋肉中のエネルギーが使われますが、一定時間が経過すると脂肪がエネルギーとして使われるようになります。

気をつけたいのは、運動が激しくなりすぎること。激しく動けばそれだけ脂肪もたくさん燃焼するだろうと考えがちですが、運動強度が一定限度を越えて高くなるとエネルギー効率が脂肪よりも良い糖が使われてしまい脂肪の消費率は減ってしまいます。


どの程度の運動が適正か?
どの程度の運動が適正か、激しいかは人によって違い、心拍数によって判断します。
細かく計算する方法もありますが、成人の人であれば、簡単に
180−年齢
でおよその有酸素運動時の心拍数が求められます。


自分にあった運動を選びましょう
脂肪を落とすために行う運動はいろいろありますから、自分の気に入った種目を選び、長く楽しみながら続けるようにしましょう。
とくに、現在、体脂肪が30%以上もあるような人は、重い体重を支えて急に運動を始めると心臓や筋肉、関節、腱などに多くの負担をかけ、故障につながることもありますから、自分の体重を支えるのに無理のない運動を選ぶ必要があります。

また、体力があって激しいスポーツが得意、という人も含めて、減量が目的の場合は、あくまでも時間のかせげるような種目、方法にしましょう。最初は軽い運動から徐々にはじめ、体力のある人は強さよりも時間を伸ばしてエネルギー消費を高めるようにしましょう。有酸素運動の効果は、20分ぐらい運動しつづけてからでないと現れないので、毎回、30分以上は運動を続けましょう。


最も一般的な脂肪を落とす運動 ⇒ 体脂肪を減らすスポーツ





脂肪について
体脂肪とは
脂肪率について
肥満度チェック
体脂肪の平均
年齢別の体脂肪率の平均

脂肪が増える原因
脂肪がつく原因
基礎代謝が少ないと太りやすい
体脂肪が減らない理由
女性につきやすい脂肪の原因・対策
太る原因 ビタミン・ミネラル不足

脂肪を減らす対策
脂肪を減らす食事
食事の時間
間食でダイエット
食べ過ぎることの防止法
体脂肪燃焼ですること・心構え
運動のタイミング
脂肪を落とす運動
体脂肪を減らすスポーツ
ウォーキングで脂肪燃焼
ジョギングで脂肪燃焼
水泳で脂肪燃焼
サイクリングで脂肪燃焼
エアロビクスで脂肪燃焼
ウェイトトレーニングで脂肪燃焼
脂肪燃焼スープの作り方・効果・口コミ
脂肪燃焼率を上げる
脂肪の分解を促進するために
理想の体型
脂肪燃焼方法一覧

皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪
皮下脂肪とは
内臓脂肪とは
中性脂肪とは
内臓脂肪を減らす
コレステロールと中性脂肪の違い
中性脂肪を減らす方法

摂取する脂肪について
脂肪とは
脂質のカロリー
高脂肪の食品
低脂肪の食品
牛乳の脂肪量・カロリー
油の脂肪量・カロリー
肉の脂肪量・カロリー
魚の脂肪量・カロリー


Copyright (C) 脂肪燃焼ガイド All Rights Reserved