運動&食事のタイミングは大事

運動と食事のタイミングはいつがいい!?

■早朝に運動する
胃が空になってしばらく経っているこの時は、肝臓に貯えたグリコーゲンがすくなくなっています。そして間もなく、きわめて強い食欲がおきて、運動後の食事でドカッと食べてしまいます。運動で100~200カロリーを消費しても、それ以上に食べたのではせっかくの努力も水のアワ。
従って、早朝に運動する場合は、血糖値が下がらないような対策を立てることが大切です。
運動前にアメやキャンディを食べたり、運動しながらアメをなめたりしてもいいでしょう。あるいは運動後、キャンディを食べてから食事をしてもいいでしょう。

■昼休みに運動する
食後すぐに運動すると、消化に必要な血液が筋肉にまわって、消化がストップするため気分が悪くなることがあります。運動は食事前が望ましいです。
この場合、朝食を多めに食べて、肝臓に充分なグリコーゲンを貯えておくとよいでしょう。
もしくは、11時ごろ炭水化物の食品を食べて、血糖値の急低下を防いでください。

■夕方に運動する
仕事の後、夕食前に運動する場合も、まず先に炭水化物を摂取するようにしましょう。スポーツをするまでにある程度時間があれば、おにぎりでもパンでもよいです。あまり時間がなければ、キャンディなどを食べましょう。

■夜間に運動する
夕食をたくさん食べてから運動するのは、よくありません。運動の前の食事はなるべく早めにすませ、それも消化吸収に時間がかからないような軽い内容にして、運動の妨げにならないようにしましょう。 カロリーの不足の分は翌日の朝食にまわすようにしましょう。
夜型の最大の問題は、夕食をすませて運動して、おなかが空いたからとまた夜食を食べてしまうことです。 もし運動後に何か食べるなら、低カロリーで気分をリラックスしてくれる食品をうまく選びましょう。

↑ PAGE TOP