運動&食事のタイミング

運動&食事のタイミングについての解説

脂肪燃焼のための運動食事タイミングは?より効果的に運動で脂肪を燃焼し、食事をとるタイミングの解説。せっかく運動しても、食べ過ぎては意味がありません。正しい運動・食事の方法。

運動&食事のタイミングを正しく理解して美容・健康・ダイエットに役立てましょう

 脂肪燃焼ガイドTop > 運動&食事のタイミング
運動&食事のタイミング

早朝に運動する
胃が空になってしばらく経っているこの時は、肝臓に貯えたグリコーゲンがすくなくなっています。そして間もなく、きわめて強い食欲がおきて、運動後の食事でドカッと食べてしまいます。運動で100〜200カロリーを消費しても、それ以上に食べたのではせっかくの努力も水のアワ。
従って、早朝に運動する場合は、血糖値が下がらないような対策を立てることが大切です。
運動前にアメやキャンディを食べたり、運動しながらアメをなめたりしてもいいでしょう。あるいは運動後、キャンディを食べてから食事をしてもいいでしょう。


昼休みに運動する
食後すぐに運動すると、消化に必要な血液が筋肉にまわって、消化がストップするため気分が悪くなることがあります。運動は食事前が望ましいです。

この場合、朝食を多めに食べて、肝臓に充分なグリコーゲンを貯えておくとよいでしょう。
もしくは、11時ごろ炭水化物の食品を食べて、血糖値の急低下を防いでください。


夕方に運動する
仕事の後、夕食前に運動する場合も、まず先に炭水化物を摂取するようにしましょう。スポーツをするまでにある程度時間があれば、おにぎりでもパンでもよいです。あまり時間がなければ、キャンディなどを食べましょう。


夜間に運動する
夕食をたくさん食べてから運動するのは、よくありません。運動の前の食事はなるべく早めにすませ、それも消化吸収に時間がかからないような軽い内容にして、運動の妨げにならないようにしましょう。
カロリーの不足の分は翌日の朝食にまわすようにしましょう。

夜型の最大の問題は、夕食をすませて運動して、おなかが空いたからとまた夜食を食べてしまうことです。
もし運動後に何か食べるなら、低カロリーで気分をリラックスしてくれる食品をうまく選びましょう。






脂肪について
体脂肪とは
脂肪率について
肥満度チェック
体脂肪の平均
年齢別の体脂肪率の平均

脂肪が増える原因
脂肪がつく原因
基礎代謝が少ないと太りやすい
体脂肪が減らない理由
女性につきやすい脂肪の原因・対策
太る原因 ビタミン・ミネラル不足

脂肪を減らす対策
脂肪を減らす食事
食事の時間
間食でダイエット
食べ過ぎることの防止法
体脂肪燃焼ですること・心構え
運動のタイミング
脂肪を落とす運動
体脂肪を減らすスポーツ
ウォーキングで脂肪燃焼
ジョギングで脂肪燃焼
水泳で脂肪燃焼
サイクリングで脂肪燃焼
エアロビクスで脂肪燃焼
ウェイトトレーニングで脂肪燃焼
脂肪燃焼スープの作り方・効果・口コミ
脂肪燃焼率を上げる
脂肪の分解を促進するために
理想の体型
脂肪燃焼方法一覧

皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪
皮下脂肪とは
内臓脂肪とは
中性脂肪とは
内臓脂肪を減らす
コレステロールと中性脂肪の違い
中性脂肪を減らす方法

摂取する脂肪について
脂肪とは
脂質のカロリー
高脂肪の食品
低脂肪の食品
牛乳の脂肪量・カロリー
油の脂肪量・カロリー
肉の脂肪量・カロリー
魚の脂肪量・カロリー


Copyright (C) 脂肪燃焼ガイド All Rights Reserved