間食でダイエット

間食でダイエットについての解説

間食を上手に利用してダイエットしましょう。間食しないで空腹感をつのらせ、食事時にガツガツ食べるより、うまく間食して空腹感をなだめ適正カロリーの食事を理性的にとり、脂肪燃焼・ダイエットにつなげましょう。

間食でダイエットを正しく理解して美容・健康・ダイエットに役立てましょう

 脂肪燃焼ガイドTop > 間食でダイエット
間食でダイエット

間食のススメ
「痩せるためには、絶対に間食をしてはいけない」と思っている人は意外に多いようです。
しかし、間食しないで空腹感をつのらせたあげく、食事時にガツガツ食べるよりは、上手に間食して空腹感をなだめ、適正カロリーの食事を理性的にとったほうが、結局はウエイトコントロールを成功させる近道と言えます。

特に、長期にわたってダイエットを続ける場合、上手な間食のとり方は大変重要なカギとなります。

血液中の糖分が減少するとおなかが空きます。体の血液量は5リットルほど、そこに含まれるブドウ糖は5gとわずか、これが4g以下になると空腹感を感じるようになります。
至急、糖質を補ってやれば、強い空腹感はなくなります。

空腹感をなだめるためにちょっと食べる糖質は、速やかに吸収されるものでなければなりません。つまり、甘いものです。食後の甘いものは太る原因となりますが、空腹時の少量の甘いものは、食欲を抑えるのにとても有効です。

間食にふさわしいお菓子
上手な間食にふさわしいお菓子とは、
1.必要なのはほんの数グラムの糖分。油脂を含まないものであることが第一の条件
2.すぐに吸収されなければならないから、甘いものであること


この条件を満たしているのはあめ玉やキャンディー。
バターキャンディとかキャラメルのように油脂を含んだものはベストとは言えません。
ケーキ類も油脂がかなり使われています。
一方、大福など和菓子には油は普通使われていませんが、必要な甘みのある糖分のほかに、でんぷん質も一緒に食べることになります。せんべいも糖質の食品ですが、吸収までに時間がかかるため、どうしても食べ過ぎてしまいます。





脂肪について
体脂肪とは
脂肪率について
肥満度チェック
体脂肪の平均
年齢別の体脂肪率の平均

脂肪が増える原因
脂肪がつく原因
基礎代謝が少ないと太りやすい
体脂肪が減らない理由
女性につきやすい脂肪の原因・対策
太る原因 ビタミン・ミネラル不足

脂肪を減らす対策
脂肪を減らす食事
食事の時間
間食でダイエット
食べ過ぎることの防止法
体脂肪燃焼ですること・心構え
運動のタイミング
脂肪を落とす運動
体脂肪を減らすスポーツ
ウォーキングで脂肪燃焼
ジョギングで脂肪燃焼
水泳で脂肪燃焼
サイクリングで脂肪燃焼
エアロビクスで脂肪燃焼
ウェイトトレーニングで脂肪燃焼
脂肪燃焼スープの作り方・効果・口コミ
脂肪燃焼率を上げる
脂肪の分解を促進するために
理想の体型
脂肪燃焼方法一覧

皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪
皮下脂肪とは
内臓脂肪とは
中性脂肪とは
内臓脂肪を減らす
コレステロールと中性脂肪の違い
中性脂肪を減らす方法

摂取する脂肪について
脂肪とは
脂質のカロリー
高脂肪の食品
低脂肪の食品
牛乳の脂肪量・カロリー
油の脂肪量・カロリー
肉の脂肪量・カロリー
魚の脂肪量・カロリー


Copyright (C) 脂肪燃焼ガイド All Rights Reserved