間食でダイエットする

間食でダイエットする!?

■間食のススメ
「痩せるためには、絶対に間食をしてはいけない」と思っている人は意外に多いようです。 しかし、間食しないで空腹感をつのらせたあげく、食事時にガツガツ食べるよりは、上手に間食して空腹感をなだめ、適正カロリーの食事を理性的にとったほうが、結局はウエイトコントロールを成功させる近道と言えます。
特に、長期にわたってダイエットを続ける場合、上手な間食のとり方は大変重要なカギとなります。
血液中の糖分が減少するとおなかが空きます。体の血液量は5リットルほど、そこに含まれるブドウ糖は5gとわずか、これが4g以下になると空腹感を感じるようになります。 至急、糖質を補ってやれば、強い空腹感はなくなります。
空腹感をなだめるためにちょっと食べる糖質は、速やかに吸収されるものでなければなりません。つまり、甘いものです。食後の甘いものは太る原因となりますが、空腹時の少量の甘いものは、食欲を抑えるのにとても有効です。

■間食にふさわしいお菓子
上手な間食にふさわしいお菓子とは、
1.必要なのはほんの数グラムの糖分。油脂を含まないものであることが第一の条件
2.すぐに吸収されなければならないから、甘いものであること
この条件を満たしているのはあめ玉やキャンディー。 バターキャンディとかキャラメルのように油脂を含んだものはベストとは言えません。 ケーキ類も油脂がかなり使われています。
一方、大福など和菓子には油は普通使われていませんが、必要な甘みのある糖分のほかに、でんぷん質も一緒に食べることになります。せんべいも糖質の食品ですが、吸収までに時間がかかるため、どうしても食べ過ぎてしまいます。

↑ PAGE TOP