脂肪

脂肪とは

脂肪とは食物の三大栄養素の一つである脂肪の意味と人間の体につく体脂肪の意味があります。
■食物の脂肪
「炭水化物」「たんぱく質」とともに三大栄養素の一つ。 脂質とも言います。

■脂肪の機能
脂肪(脂質)は生体中に存在する水に溶けない(溶けにくい)有機化合物で、炭水化物、たんぱく質などと並んで生命にとっては不可欠な成分です。

主な効能として
・生体膜の成分
・エネルギーを貯蔵する目的
・動物の体温を保つ断熱材
・皮膚を保護するもの
・脂溶性ビタミン
・代謝活性をコントロールするホルモン
・血圧、体温、筋肉のはたらきをコントロールするもの などこの他にも、体内で様々な重要な働きをしています。
  従って、食事制限をする時には、摂取する脂質量を単純に減らしてしまうと、大切な機能まで低下させてしまうことになりますので注意が必要です。

■動物性脂肪と植物性脂肪
肉などに含まれる動物性脂肪と豆などに含まれる植物性脂肪に大きく分けられます。
動物性脂肪には飽和脂肪酸が多く含まれており、摂取が過剰になると肝臓でコレステロールの合成を促進し、血中コレステロール値を上げてしまいます。
一方、イワシ、サバなど青身魚や、オリーブ油、サラダ油などの植物性脂肪に多く含まれている不飽和脂肪酸には、コレステロールの胆汁への排出を促進して、血中のコレステロールを下げる働きがあります。
脂質を科学的に分類すると、単純脂質・複合脂質・誘導脂質の3つに分けることができます。

■脂肪のカロリー
食べ物の中でカロリーを持つのは、「炭水化物」「たんぱく質」「脂肪」の3つだけです。
ビタミンやミネラルなどにはカロリーは含まれていません。
脂肪に含まれるカロリーは1グラムあたり9Kcalです。
一方、
「炭水化物」のカロリー: 1グラムあたり4Kcal
「たんぱく質」のカロリー: 1グラムあたり4Kcal
です。
つまり同じ量の食品を摂取しても脂肪は摂取カロリーが高いことになります。

↑ PAGE TOP